【コロナワクチン】接種できるようになったらどうする?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

こんにちは、SEO≪セオ≫です。

 

今回は【コロナワクチン】についてのアンケートをとりました。

スポンサーリンク

新型コロナワクチン

日本での接種に関する予定

厚生労働省によると、接種を行う期間は、令和3年2月17日から令和4年2月末までの予定となっています。

最初は、医療従事者等への接種が順次行われます。

その後、高齢者、基礎疾患を有する方等の順に接種を進めていきます。

高齢者への接種は、一部の市町村で4月12日に開始され、5月以降、全国で接種が開始されています。(2021年5月時点)

接種回数

2回の接種が必要です。

ファイザー社のワクチンでは、通常、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます。

1回目から3週間を超えた場合には、できるだけ早く2回目の接種を受けてください。

接種を受ける際の接種順位

  1. 医療従事者等
  2. 高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)
  3. 高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方 
  4. それ以外の方(16歳以上の方)

接種費用

全額公費で(無料)接種できます。

スポンサーリンク

アンケート結果

相変わらず弱小な【SEOBLOアンケート】なので、回答数が少ないですが…。

何度もアンケートを取ってきました。

第一回

2021.1

まだ『日本でコロナワクチンが接種可能となる予定…』という状態だった、第一回の結果としては圧倒的に消極的な回答が多かったです。

海外での副反応のニュースを聞いたり、新しいワクチンで未知な部分が多く、不安に思われる方が多かったようですね。

第二回

2021.2 上旬

この頃もまだワクチンは到着前です。

多少の変動はありますが、大きくは変わっていませんね。

第三回

2021.2 中旬

日本にコロナワクチンが到着した頃です。

『接種してみてもいい』『早く接種したい』といった積極的な回答が少し増えましたね。

しかし『接種はしたくない』という方の割合はほとんど変わっていません。

第四回

2021.2 下旬

医療従事者の方への接種が始まった頃です。

『すぐに接種したい』という方が大きく増えました。

やはり実際に接種が始まり、接種された方々の様子がテレビ等で報道され、少し安心感が出てきたのかもしれませんね。

しかしながら、副反応のリスクへの可能性もゼロではない事から、慎重・消極的な回答も変わらず多いです。

\SNSで超話題のおしゃれな不織布マスクはコレ!/

第五回

2021.4

医療従事者への接種は始まっていましたが、予定通り進まず遅れていました。

やはり期待と不安の狭間で悩まれる方が多いのでしょうか、『様子をみる』という方が多いです。

第六回

2021.5 上旬

医療従事者に続き、高齢者への接種も始まりました。

高齢者の方々のワクチン接種の予約受付が殺到している状態です。

その密になっている様子をみていると、もっと良いやり方は無かったのかと感じました。

アンケートの回答では『様子をみる』という方が減り、積極的な回答が少し増えました。

しかし依然として『接種はしたくない』という方が多いのは変わりません。

第七回

2021.5 中旬

日本人を対象としたコロナワクチンの研究で『変異株にも9割以上有効』と報じられた頃です。

こういった日本人向けの研究をもっと進めていただけると、徐々に安心感が生まれてきますよね。

アンケート結果はというと、やはり『接種はしたくない』という方の割合はあまり変わりません。

ところが『早く接種したい』『接種しておこうかな』という、積極的な意見が増えてきました。

日々変化していく状況です。

また折を見て【コロナワクチン】アンケートを実施していきたいと思います。

それでは。手を振る女の子のイラスト「バイバイ」 | かわいいフリー素材集 いらすとや

 

 ⇧ 応援ボタン

この記事を読んで下さった方♡を押していただけると嬉しいです!! 励みになります!!

アンケート時事ネタ
スポンサーリンク
シェアしてくれると嬉しいです
フォローしてくれるのも嬉しいです
スポンサーリンク
SEOBLO
タイトルとURLをコピーしました